Profile

ファンタジアで冒険中の龍3匹と
やたら多いサブたちの活動記録。
現在、お休み中です
→ ご挨拶 → 育ち具合まとめ

烏龍一号(仮名)
Job :ダークロード
Status :1432
Level :201/232
Main Skill :SoA, HF+EF, SL
Guild :FREEDOM

烏龍二号(仮名)
Job :プリースト
Status :1441
Level :219/269
Main Skill :SoA, SB, LW
Guild :ψ男爵の眠りの館ψ
(茶葉とvioも所属)

烏龍三号(仮名)
Job :ウィザード
Status :1432
Level :183/206
Main Skill :WE, SB, GTp
Guild :Ψ黒猫の眠りの森Ψ

茶葉一号(仮名)
Job :アサシン
Status :2143
Level :198/218
Main Skill :AA, AT, DTc, PA

茶葉三号(仮名)
Job :サイバーハンター
Status :2143
Level :193/224
Main Skill :AA, AT, ChT, AE

茶葉四号(仮名)
Job :クリエイター
Status :4141
Level :180/196
Main Skill :QS, RS, PS
Guild :Crystal+Lover

vio(仮名)
Job :ギャンブラー
Status :2134 回避極
Level :142/151
Main Skill :CF, OP / JC

花茶。(仮名なし)
Job :チャンピオン
Status :4114
Level :150/150
Main Skill :RC, SR, UC

LastUpdate 2011.3.27

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Category

Search

Link

お世話になってる方のblogもどうぞ

Archives

Sponsored Links

Feed


無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category : - |
Entry: ← new  TOP  old →
今だけステ増強中
せっかく猫箱のベルトをしてるから、ちょっと痛い狩場に行こう。
ということで向かった先は歓迎学園旧校舎2-4。
本当は、3-3が物理耐性いなくて狩りやすいって耳にしたけど
おそるおそる行ってみたら速攻でメガロに飛ばされたので
転送されない2-4に変更したのだった。

ふと1階廊下のジーアに声かけてみたらモンクエが残ってたので
ツリーゴースト25匹を5回済ませた。
2階のジーアに声をかけたら、今度はエッグスペクター。
ちょうど狩ろうと思ってたMobだから、ついでの気分で5回。
旧校舎のモンクエは結構美味しい。
そのあとはPOTが尽きるまでキョンシーとたまごを倒した。
目玉焼きを拾い集めつつ、ゲルダの山もひろいつつ。
けど、なかなか装備は落としてくれないんだよねぇ・・

ここは烏龍2号が最近よく来てるんだけど
光龍だとヒールポーションが不要だから楽なんだ、燃費もいい。
狐は所持力あるとはいえエリクサーの消費が激しいので
(それでも幸運あるからマシな方だと思うんだけど)
1回の補給で600k〜800kくらい分のエスクリしか取って来れない。
光龍だと800k〜1.3Mくらい行けるんだよね。
でも1回に籠もる時間を考えたら、あんまり変わらないのかも。
アサシンエッヂで軽快に狩れるので、ちょっと楽しい。
POT連打は忙しいけど。

実は狐でここに来るのは2回目で、
前回はまったく狩りにならないほどいるのが大変だったから
狩りになったこと自体が自分の成長を感じたりして。

ただし今日でヘッド装備のタイマーが切れてしまうので
また来るとなると、そのときはチャージが必要かも。
そしたらチャージ不要の烏龍で来た方がいいし、もう来ないかも。

合成石コレクターとしては、ここの合成石も収集するのだ。
狙うは攻撃石、命中石、回避石。
190の攻撃合成は、薬指の爪だから手に入れづらいし
190の命中合成は、クエスト品として使いたいピンクリップ。
190の回避合成は伯爵のペンダントだから、これも難しい。
逆に190の合成素材が手に入れやすいものの場合・・・
たとえばゴーレムのズボン(魔力)、塩の壷(感知)は
石だと数字的に分が悪いので集めるだけ無駄かなって思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | category : 茶葉1号 |
スポンサーサイト
| - | - | category : - |
Comment








Trackback