Profile

ファンタジアで冒険中の龍3匹と
やたら多いサブたちの活動記録。
現在、お休み中です
→ ご挨拶 → 育ち具合まとめ

烏龍一号(仮名)
Job :ダークロード
Status :1432
Level :201/232
Main Skill :SoA, HF+EF, SL
Guild :FREEDOM

烏龍二号(仮名)
Job :プリースト
Status :1441
Level :219/269
Main Skill :SoA, SB, LW
Guild :ψ男爵の眠りの館ψ
(茶葉とvioも所属)

烏龍三号(仮名)
Job :ウィザード
Status :1432
Level :183/206
Main Skill :WE, SB, GTp
Guild :Ψ黒猫の眠りの森Ψ

茶葉一号(仮名)
Job :アサシン
Status :2143
Level :198/218
Main Skill :AA, AT, DTc, PA

茶葉三号(仮名)
Job :サイバーハンター
Status :2143
Level :193/224
Main Skill :AA, AT, ChT, AE

茶葉四号(仮名)
Job :クリエイター
Status :4141
Level :180/196
Main Skill :QS, RS, PS
Guild :Crystal+Lover

vio(仮名)
Job :ギャンブラー
Status :2134 回避極
Level :142/151
Main Skill :CF, OP / JC

花茶。(仮名なし)
Job :チャンピオン
Status :4114
Level :150/150
Main Skill :RC, SR, UC

LastUpdate 2011.3.27

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Category

Search

Link

お世話になってる方のblogもどうぞ

Archives

Sponsored Links

Feed


無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category : - |
Entry: ← new  TOP  old →
ハロウィンらしく ウィッチハットを獲得
烏龍2号でINしてみたら忘却の塔の入り口にいた。
昨日掘りに来てドリルを2本消費して、そのまま落ちたんだった。
入場料が50kかかるのでこのまま帰るのは惜しいと思い、
ドリルを1本買って、もう1本分掘ってみることにした。
入場料50kケチって100kのドリルを買うって、どうなんだろう。

過去3回は深夜に来たんだけど
今日はちょっと早めの時間なので、人が多かった。
モンクエのために狩る人も、掘る人もいる。
なかなか掘っていられる場所(Mobいない)が見つけられなくて
掘っては移動、掘っては狩って…と繰り返してた。
ヤムキングSに手を出すことは絶対にしないけど、
混乱と混沌だったら、感知剣しててもシャワーで確れるので
掘れる場所を自分で作りながらドリルを消費してった。

ドリルがなかなか刺さらないこと、
一掘りが深くて時間がかかるのでMobに邪魔されがちなこと。
この2つでだいぶイライラするんだけど
今日は初めてウィッチハットを掘り当てたので満足。


そのあとアイスDに狩りに行こうかなと思っていたら
レイア嬢(仮名・ドラ子)と遭遇。
最近いつ情報見ても魂の断崖にいるので、姿を見るのは久々。
マリデザ廃鉱山の手伝いをしてくれることになったので
烏龍3号にccした。
3号もレベルが140を超えたので、ペットや装備品などが
兄弟共通のものになった。銀行経由で受け取って準備した。

前回15回やったので、今日はその続きから。
今日はレベルが上がったこと&装備が新しくなったことを
いろいろな場面で実感することができた。

まず廃鉱2へ移動するときのブロック率が上がっていたので
命からがらたどり着く、という感じではなくなった。
そして自分以上にレイア嬢もレベルが上がったためか
キラを魔法2〜4発くらいで倒すことができた。
だから8匹倒すなんてすぐに終わってしまう。
さくさくと狩って、最初の一度だけメガロに飛んだのを除いて
スムーズに15回を済ませられた。これで30回を消化。

Base141、TM143。
ハイブリとして二次転職の試練を通過したけど、まだ未転職で
転職したとしてもどの属性を取るか決めてない。
残りのTMポイント36を眺めながら、わくわくしてるとこ。


メロディをメイン活動場所にしてる たきたてごはん。を抜けて
レイア嬢や回避狸vioがいる黒猫ギルドに入れてもらった。
男爵ギルドとも交流があるので、入った瞬間なじみがある。
人数が多くて、まだ知らない人率が高いギルドではあるけど
これからいろいろな人と交流していければと思う。
人を覚えるのが苦手だってことがちょっと心配だけどね。
| comments(0) | trackbacks(0) | category : 烏龍3号 |
スポンサーサイト
| - | - | category : - |
Comment








Trackback