Profile

ファンタジアで冒険中の龍3匹と
やたら多いサブたちの活動記録。
現在、お休み中です
→ ご挨拶 → 育ち具合まとめ

烏龍一号(仮名)
Job :ダークロード
Status :1432
Level :201/232
Main Skill :SoA, HF+EF, SL
Guild :FREEDOM

烏龍二号(仮名)
Job :プリースト
Status :1441
Level :219/269
Main Skill :SoA, SB, LW
Guild :ψ男爵の眠りの館ψ
(茶葉とvioも所属)

烏龍三号(仮名)
Job :ウィザード
Status :1432
Level :183/206
Main Skill :WE, SB, GTp
Guild :Ψ黒猫の眠りの森Ψ

茶葉一号(仮名)
Job :アサシン
Status :2143
Level :198/218
Main Skill :AA, AT, DTc, PA

茶葉三号(仮名)
Job :サイバーハンター
Status :2143
Level :193/224
Main Skill :AA, AT, ChT, AE

茶葉四号(仮名)
Job :クリエイター
Status :4141
Level :180/196
Main Skill :QS, RS, PS
Guild :Crystal+Lover

vio(仮名)
Job :ギャンブラー
Status :2134 回避極
Level :142/151
Main Skill :CF, OP / JC

花茶。(仮名なし)
Job :チャンピオン
Status :4114
Level :150/150
Main Skill :RC, SR, UC

LastUpdate 2011.3.27

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Category

Search

Link

お世話になってる方のblogもどうぞ

Archives

Sponsored Links

Feed


無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category : - |
Entry: ← new  TOP  old →
ドリル!とにかくドリルだ!
「Base120 で TM115」作戦に乗り出すことにした。
二次転職を前にしたこの時期に、なんと無謀な…と思われそうだけど
烏龍3号は持ちキャラ内々で、わりとTM重視に成功している方なので
せっかくなので頑張ってみることにした。
現在は、Base117、TM110。

さっそく茶葉3号から、感知装備を借りてきた。
シャープククリ、エブリ帽子、クレセント、カモノハシベルト。
すべて装備しても、感知90にあと少しだけ足りない。
ふと、以前キャンペーンでもらったヴェチルを思い出した。
烏龍IDではなく茶葉IDに欲しいと思った感知向けペットなんだけど、
一応魔力もついているのでリプロアと交代。
これで感知92になったので電球掘りができる。

まず向かったのは蜃気楼の島F4。
土木工事現場で邪魔な石とか埋められた宝石なんかを集める。
とりあえず4人分のアイテムを集めることにした。
ここはMobがいないので、ドリルプロテクションがなくても
キャンセルされずに掘っていられるので良かった。

そのあと、今度はMobと戦いながら古代のペン掘り。
石はたくさん出てたくさん集める感じ。
古代ペンは1人1本しか必要ないけど、なかなか出ない。
蜃気楼ではその3つを狙って、カオスドリル4本で4キャラ分確保。


次に、マリンデザートとコーラルビーチを掘る。
すっかりスルーしていた今月のイベントのアイテムのうち
いちばん集まりが悪かったのは紐。
火ねずみの皮ごろも、というのは思ったよりも出てきた。
とりあえず2キャラ分集めた。
集めているうちにTMレベルが1つ上がった。
Base117、TM111。

さらにカバリア遺跡Fで金の指輪、金のネックレスを集める。
これはvioのクエ品になる予定。
カオスドリル2本使っても、各10個くらいしか集まらない…
烏龍たちは遺跡Dで掘れた頃に済ませておいたし
茶葉の分はその余りと蜃気楼とハロクエ報酬でまかなったので、
本格的にフィールド堀りでこなすのはvioが初めて。
猿が嫌われるのも良くわかる…

今日はこのあと烏龍2号にccしたあと、
男爵ギルドのぴぃぴぃを手伝ってオニバス掘りをするときに
もう少し3号でドリルを消費した。
Baseは上がらずにTMを伸ばす、初日は結構うまくいった。

TM111
TM111はマリデザで。
不要なものを放置していたら、若葉の方たちが拾ってくれた。
| comments(0) | trackbacks(0) | category : 烏龍3号 |
スポンサーサイト
| - | - | category : - |
Comment








Trackback